准看護師 求人|准看護師の面接でよく聞かれる質問は?

准看護師の転職  面接の質問内容は?

准看護師,求人,転職,面接,質問

 

准看護師の転職の際の面接では
どのような質問をされるのでしょうか。

 

 

面接を成功させるポイント

 

事前に質問に対する回答を準備し、
イメージトレーニング、練習をしておくこと、
その上で臨機応変に対応することです。

 

 

求人情報応募先ホームページを確認し
応募先について勉強した上で面接に臨みましょう。

 

 

准看護師の転職の際の面接には
よくある質問というものがありますので
それぞれについて、しっかりと自分の言葉で答えるようにしましょう。

 

 

准看護師の転職の際の採用面接でよく聞かれる質問

 

准看護師の面接では

 

  • あなたがどのような人か
  •  

  • どのような考えの持ち主の人か
  •  

  • 即戦力となりそうな人か
  •  

  • うちでうまくやっていける人か
  •  

  • うちで求める人材であるか
  •  

  • 今回の募集内容に合っている人か

 

ということを見られます。

 

 

なるべくなら、求人側が求める人物像であることが
望ましいのです。

 

 

では、実際に准看護師の面接で
よく聞かれる質問について考えてみましょう。

 

 

転職理由・退職理由
  • 「今の勤務先を退職したい理由は何か」
  •  

  • 「前の職場を退職した理由は何か」

 

は必ず聞かれる質問です。

 

 

転職において、この質問は重要視されます。

 

 

ここでは、

 

自分にマイナスのイメージを付ける回答はしない

 

ことを気をつけましょう。

 

 

 

正直に言ってもよい理由
  • スキルアップなどのポジティブな理由
  •  

  • 引越しや親の介護などのやむを得ない理由
  •  

  • 結婚、妊娠、出産、子育てなどの理由

 

これらは普通に考えると
マイナスイメージをつけるものではありませんので、
そのまま伝えるとよいでしょう。

 

 

言うのは控えたほうが良い理由
  • 人間関係での悩み
  •  

  • 給与や労働条件への不満
  •  

  • 精神的ストレス

 

といった理由は、
言うのは控えたほうが良いでしょう。

 

 

実際にはこれらが理由で辞めることはとても多いです。

 

 

ですが、
それが本当の退職理由であったとしても

 

言わないほうが良いのです。

 

 

面接は、本音を語り、
自分を理解してもらおうとするところではありません。

 

 

面接は自分を採用してもらうための関門です。

 

 

前の職場がどれだけ人間関係が悪く
どれだけ劣悪な労働環境であり(ブラック)
そのためにどれだけストレスをかかえていても

 

 

それは同情こそすれ、
だからあなたを採用したい
ということにはなりません。

 

 

面接では

  • 「この人を欲しい」
  •  

  • 「この人と一緒に働きたい」

と思わせる内容を伝えたいところですので、
表向きの別の理由
考える必要があります。

 

 

面接する側は、
採用後、長く働いてくれる人を望んでいます。

 

 

直ぐ辞めそうだと思われるような回答はしないよう、
注意しましょう。

 

 

参考ページ:退職理由、面接で言ってよいこと、悪いこと

 

 

志望動機

 

「なぜこの病院で働きたいのか」
という志望動機

 

退職理由同様、必ず聞かれる重要な質問です。

 

 

志望動機の回答を考えるときは、

 

面接を受ける病院や施設の特徴理念
などを調べておくことが大切です。

 

 

「どうしてもここで働きたい」

 

という意思が伝わるように
素直に考えましょう。

 

 

やりたい仕事・希望

 

  • 「入職したら、どんな仕事をしたいですか?」
  •  

  • 「ここで生かせる経験やスキルは何ですか?」

 

 

 

この質問は、

  • 募集している仕事内容と応募者の希望があっているか
  •  

  • 応募者の経験やスキルに見合っているか
  •  

  • やる気はあるか

 

ということを確認するための質問です。

 

 

この質問に回答するためには、

 

求人側が募集をかけている
仕事内容を希望していない場合は
話になりません。

 

 

ですので、大前提として、
求人情報をシッカリ把握し、回答するようにしましょう。

 

 

経歴、実務経験

 

准看護師の転職は、新人とは違い、
今までの経歴、実務経験
今後の仕事におおいに活かせます。

 

 

今までの経歴、実務経験は
大きなプラス要素であり、武器といえます。

 

 

 

中途採用をする病院は
即戦力を求めて求人を出していますので、
経歴、実務経験は非常に重要視されます。

 

 

ここはアピールポイントですので、
自分自身の経歴を分かりやすく要約しましょう。

 

 

時系列的に今までの経験した業務内容
業務での実績を整理すればよいでしょう。

 

 

准看護師として経験が浅い場合やスキルに自信がない場合は
どのように回答すればよいか困りますね。

 

 

その場合は、新しい職場でのやる気や熱意を
十分に伝えるようにすればよいでしょう。

 

 

職務経歴書を提出すると
あなたが今までに経験してきたことや実績をしっかりとアピールできます。

 

 

ですので、職務経歴書の作成には力を入れたいところです。

 

 

看護観

 

看護観もよく聞かれる質問です。

 

 

「看護」についてどのように考えるか
今までの環境、経験によって違ってきますので
「看護観」一人ひとり違うものです。

 

  • 看護師を目指したきっかけ、理由
  •  

  • あなたの考えに影響を及ぼした人
  •  

  • 看護学校での経験
  •  

  • 看護師として働いてからの経験
  •  

  • 先輩方から学んだこと
  •  

  • 書物によって感銘をうけたこと
  •  

  • 理想と現実の違い

 

これまでの環境、経験から、
准看護師として「看護」のあり方をどのように捉えているか
ということを、自分らしい言葉で伝えましょう。

 

 

人の生死、患者さんやそのご家族との関わりから感じること、考えることは
人それぞれに違ってきます。

 

  • 看護師を志したとき
  •  

  • 看護師になりたての頃
  •  

  • 経験を積んでから

 

では、看護観はより深いものに変わってきているのではないでしょうか。

 

 

看護観を短い言葉で語ることは難しいと思いますが
応募先の「看護方針」も頭に入れ、自分が志す看護師像をまとめてみるのもよいでしょう。

 

 

自己紹介

 

「自己紹介」では、履歴書に書いている事項になりますが
名前、年齢、最終学歴、主な職務経験を紹介しましょう。

 

 

  • 准看護師としての今までの経歴の中で得たスキル
  •  

  • 自分が得意とすること
  •  

  • やる気、意気込み

 

などを伝えるとよいのではないでしょうか。

 

 

自己PR

 

自己PRは、自分を売り込むところです。

 

 

今までの経歴の中で得たスキル、実績はしっかりアピールしましょう。

 

 

今後、どのような分野で活躍できると考えるか、
応募先でどのように貢献できるか

 

ということをアピールするとよいでしょう。

 

 

自分の長所

 

採用面接では、やはり、
仕事に関してのあなたの長所
を述べるようにしましょう。

 

 

今までの経歴の中で人から褒められたこと
他の人から認められていることです。

 

 

他の人から評価されていることは、
良さは伝わりやすいものです。

 

 

抽象的な話では受け売りのように
受け取られかねません。

 

 

具体的なエピソードを話すことで
聞いた人はあなたの長所をよりイメージしやすくなるものです。

 

 

スキルや経験を今後に活かす心構えを加えると、さらに長所が引き立ちます。

 

 

自分の短所

 

自分の短所についても、
仕事に関しての自分の短所を回答するようにしましょう。

 

 

今までに失敗したこと、技術的に自信のない部分など
があるのではないでしょうか。

 

 

自分の短所については、
性格的な部分は大きく関わるところかと思います。

 

 

自分が仕事上、自分はこのような部分があるから
いつも気をつけている、今後改めたいと思っているというように、
短所を理解していて、それを改善しようと思っている姿勢を表現することがポイントです。

 

 

経験の中で感じたこと

 

  • 看護師経験の中で、一番うれしかったこと、つらかったこと
  •  

  • 看護師として成長を感じたこと

これもよく聞かれる質問です。

 

 

具体的な労働条件に関する質問
  • 「残業や夜勤がありますが、対応できますか?」

 

残業、夜勤に関しては、事前に募集内容から
どれくらいありそうかを確認しておきましょう。

 

 

募集情報には詳細が載っていない場合もあります。

 

 

その場合は、面接の場で率直に質問をしても問題ありません。

 

 

残業や夜勤ができる場合は、詳細の確認をしましょう。

 

 

内定をとりたいという理由で、
残業や夜勤ができないのに「できる」と答えることはいけません。

 

 

もしも残業や夜勤ができない場合は、
「残業はできない」「夜勤対応はできない」旨を回答するだけではなく、
現地点では対応できない理由をきちんと言った上で、回答するようにしましょう。

 

 

面接の最後の質問
  • 「何か質問はありますか?」

 

殆どの場合、面接の最後に聞かれるのが、
「何か質問ございますか」「何か質問はありませんか?」
という質問です。

 

 

「特にありません」という回答では
「ここで働きたい」という気持ちを伝えることはできません。

 

 

本当に働きたい病院であれば、
募集要項や病院案内を徹底的に調べると
わからない点、念のため確認しておきたいこと
というのは少しはあるのではないでしょうか。

 

 

「何か質問はありませんか?」という質問を
おまけの質問とは考えず、きちんとした質問をして、
「本気でここで働きたい」と考えている姿勢を見せましょう。

 

 

当然のことですが、調べたら分かることではなく
分からない部分について質問するようにしましょう。

 

 

例えば、入職したらどのような業務を任されるのか
交代勤務についてなど、仕事内容についての質問などです。

 

 

給料や休暇、残業、福利厚生などについてだけ
質問するのは控えましょう。

 

 

それらの条件で職場を決めている、と思われ、
仕事に対する意気込みが薄れた印象になっては損です。

 

 

どうしても給料や休暇、残業、福利厚生について聞きたい場合は
仕事内容の質問をした後に、少し聞く程度に留めた方が無難でしょう。

 

 

最後の質問は、
そこでたくさん質問しなければ意欲がないと見られ、マイナスになる、
ということではなく、
良い質問をすることで、プラスになるかも、
と考えると良いのではないでしょうか。

 

 

言うまでもなく、重要なのは、それまでの面接過程です!

 

 

 

履歴書の志望動機を無料でアドバイスしてもらえるサービス

 

 

転職サイトに登録すると、
専門の担当者から履歴書志望動機についても
適切なアドバイスをもらうことができます。

 

 

多くの方の転職を成功に導いてきた人からのアドバイスは
とても心強いですね。

 

 

転職サイトに登録すると、サポートもすべて無料で利用することができますので、
是非活用しましょう。

 

 

★選択肢がたくさんある方がいいですね★

 

准看護師,求人,転職,面接,質問准看護師求人豊富転職サイトはこちら!

 

 

 

 

※こちらの記事も参考にして下さい。

 


看護師がよい条件の求人選択肢をふやす方法!



看護師転職サイトに登録しておくと、好条件求人新着求人を逃しません。
あなたの希望にぴったりの職場が見つかる可能性がぐっと高まります!



看護のお仕事 ※非公開求人多数
【看護のお仕事】全国対応の親身になってくれるサポートしてくれることで人気の看護師求人サイト!
あなたの転職を専任のアドバイザーが徹底してサポートしてくれます。

子育て中の准看護師の方やブランクがあって復職する准看護師の方など、勤務時間や雇用条件が難しい場合も、取材や、入職された方へのヒアリングで得たリアルな情報をもとに、あなたの人柄、要望にあった働きやすい職場を提案してくれます。

転職で重要なのが、給与、夜勤回数などの待遇交渉!アドバイザーがあなたの代わりに病院と交渉してくれるから心強い!

お仕事を始めた後に出てくる悩みや不安をいつでもアドバイザーに相談が出来ます。

准看護師,求人,転職,面接,質問看護のお仕事の詳細・登録はこちら

看護のお仕事 <<派遣>>


派遣という働き方も!
人間関係、離職率、雰囲気、評判など、職場の内部事情を事前に教えてもらえるのが安心!

時給、シフトといった条件などの待遇の交渉は、アドバイザーがあなたの代わりに就業先と交渉してくれるから嬉しい!


准看護師,求人,転職,面接,質問看護のお仕事<<派遣>>の詳細・登録はこちら