准看護師 求人

退職前に有給休暇の消化可能! 引き継ぎ業務の優先を!

 

准看護師の方の中には退職にあたり、
残っている有給休暇を、なるべく退職までに全て消化したい
と考えている方も多いのではないでしょうか。

 

 

有給休暇を取得することは
労働基準法で明確に認められており、
どの病院、どのクリニック、どの施設で働いていても
同じ日数取得可能
です。

 

 

年次有給休暇は
2年以内に発生した有給休暇を合計した日数休めます。

 

 

例えば勤めてから1年半勤務した状態であれば、
初年度分の有給休暇が10日+当年分の有給休暇が11日=21日取得可能
ということになります。

 

 

准看護師,求人,転職,有給休暇
厚生労働省 有給休暇ハンドブックより引用

 

 

 

年次有給休暇の日数は勤続年数に伴って増え、
フルタイムで働く人の場合、
6ヵ月働けば10日、1年6ヶ月で11日、2年6ヶ月で12日、・・・6年6ヶ月以上は20日取得可能です。

 

 

上の厚生労働省 有給休暇ハンドブックの一番上です。

 

 

年次有給休暇は常勤の看護師、准看護師に限らず、
パートアルバイト非常勤の方も取得できます。

 

 

週所定労働日数、1年間の所定労働日数に応じて
有給休暇が付与
されます。

 

 

週所定労働日数が1日または1年間の所定日数が48日以上であれば
有給休暇の取得が可能ですので
あと何日取得できるのか、上の表で確認してみてください。

 

 

せっかくもっている権利ですので、
自分があと何日有給休暇を使えるのか
きちんと把握し退職前に使いましょう。

 

 

有給休暇を消化することは、労働者の権利ですが、
円満退職したいなら、しっかりと引き継ぎ業務をこなすことを最優先するべきです。

 

 

立つ鳥跡を濁さず、です。

 

 

しっかりと有給を消化したい場合は、
残数を計算し、有給取得前には引き継ぎを完了
きれいにやめたほうが良いでしょう。

 

 

そのためには、やはり早めに退職の旨を上司に報告しておく必要がありますね。

 

 

計画的に有給休暇は消化しましょう。

 

 

なかには、全ての日数を消化することを快く思わない上司もおり、
厳しいことを言われる場合もあるかもしれません。

 

 

その場合は、労働基準監督署に相談しましょう。

 

 

ただし、労働基準監督署の支持に従い手続きすれば
有給を消化できるかもしれませんが、
それは円満退職とはいいにくいものとなります。

 

 

>>>退職時の同僚や上司への挨拶

看護師がよい条件の求人選択肢をふやす方法!



看護師転職サイトに登録しておくと、好条件求人新着求人を逃しません。
あなたの希望にぴったりの職場が見つかる可能性がぐっと高まります!



看護のお仕事 ※非公開求人多数
【看護のお仕事】全国対応の親身になってくれるサポートしてくれることで人気の看護師求人サイト!
あなたの転職を専任のアドバイザーが徹底してサポートしてくれます。

子育て中の准看護師の方やブランクがあって復職する准看護師の方など、勤務時間や雇用条件が難しい場合も、取材や、入職された方へのヒアリングで得たリアルな情報をもとに、あなたの人柄、要望にあった働きやすい職場を提案してくれます。

転職で重要なのが、給与、夜勤回数などの待遇交渉!アドバイザーがあなたの代わりに病院と交渉してくれるから心強い!

お仕事を始めた後に出てくる悩みや不安をいつでもアドバイザーに相談が出来ます。

准看護師,求人,転職,有給休暇看護のお仕事の詳細・登録はこちら

看護のお仕事 <<派遣>>


派遣という働き方も!
人間関係、離職率、雰囲気、評判など、職場の内部事情を事前に教えてもらえるのが安心!

時給、シフトといった条件などの待遇の交渉は、アドバイザーがあなたの代わりに就業先と交渉してくれるから嬉しい!


准看護師,求人,転職,有給休暇看護のお仕事<<派遣>>の詳細・登録はこちら